心に否定があってもいいのです

心に否定があってもいいのです

心に否定があってもいいのです

アファメーションをする時に、言葉で「できる」「私はすごい」「幸せな心は私のもの」と繰り返していても、どこかで、「やっぱり私には無理」「出来るはずないや」と思う気持ちが働く、という方もいます。

でも、それもいいのです。こう思うのが人間。でも、そう思ったとき、マイナスの考え方になった時、違うぞ、私はできるんだ、という心の訓練を行えばいいのです。「出来るはずないや」と思う気持ちが出てきたら、「私はできるようになったんだ」というプラス思考に変換する。これが、アファメーションのトレーニングを自然に行っている、ということなるのです。

以前言った、心は選択することができる、心は実現する力を持っている、という心の意識。まさに、ここで活用です。自分ができる、ということを選択できる。自分ができるための力を持っているという心の意識。これを、心に抱くことがアファメーションでしたね。

できない、という否定的な心が出てきたことが、チャンス。心に否定が出てきたら、実現する心を信じろ!と、アファメーションを強く思うチャンスがきた、と思えばいいのです。

新しい自分の心を、強く強く持っていくために、心に否定があることは、アファメーションのチャンス、というべきなのです。怖がらない。否定は肯定のチャンス!!

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional