イメージではなく断言

イメージではなく断言

イメージではなく断言

アファメーションを誤解している方々は、アファメーションというものは、自分の未来についてイメージを高めていくことだ、と思っている方が多いのです。

そうではなく、アファメーションとは、自己に対する断言です。「幸せになりたい」というのは、未来へのイメージですね。「お金持ちになれたらいいな」これも、未来へのイメージです。こうなればいいな、という思いを持っている、というだけのお話。

この場合には、イメージとして、幸せになりたい、ということを思っているだけで、自分の潜在意識の中には「幸せでない現在の自分」がいる、ということになります。つまり、今現在の不幸な自分を、認めてしまっている自分がいます。

アファメーションでは、私は幸せに近づいている!私はどんどん豊かになっている!という表現をします。つまり、現在進行形なのです。自分の潜在意識を否定していない表現。ということです。

私は、という気持ちを持つことで、他人の思考も、他人の環境もその思いの中に、入ることはありませんね。他人の環境や思考は変えることができませんが、自分の思考や環境、未来や願望は、変えることができる、という考え方なのです。

だから、イメージではなく、断言なのです。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional