アファメーション的言葉で洗脳する

アファメーション的言葉で洗脳する

アファメーション的言葉で洗脳する

強い言葉です。「洗脳」。常にメディアでは、この洗脳、という言葉を悪い意味に捉えがちです。宗教で教祖が市民を洗脳した、とか、間違ったことを洗脳するとか。でも、この洗脳、という言葉は、非常に力強い言葉で、決して悪い意味ばかりを肯定するものではないのです。

アファメーションは、自己宣言して、誓いを立てたことを、自分の中に呪文のように唱えることで、成功へのキーワードを、吸収できる自分を作り出す、ということです。つまり、自分で自分を洗脳する、ということだと思います。

当然、否定的なマイナス思考の言葉でこの呪文を繰り返せば、この洗脳は悪い意味になります。ですが、「私は幸せに向かっている」「私はできる事がたくさんある」「ああ、仕事が上手く行き始めている」と自分に肯定的で、プラス思考に呪文を繰り返すことは、自分に対してのいい意味での洗脳だと思います。

洗脳、脳へのすり込みですよね。脳が「できる」、という思い込みができたら、脳に「幸せに向かっている」という洗脳ができたら、それはアファメーションの成功となるのです。

アファメーションの言葉で、自分の脳を洗脳する。繰り返し繰り返し、言葉にして、言い聞かせて、脳へプラス思考、ポジティブ思想をすり込んでしまいましょう。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional