アファメーションは脳天気?

アファメーションは脳天気?

アファメーションは脳天気?

私は脳天気(笑)だと、主人からよく言われます。子供が凄く高い熱を出した時、心配はもちろんしているのですけど、「高い熱はウイルスを殺してくれる友人」と思っていて、これも、子供が病気を知るための通り道、と思う自分がいます。

息子が何か難しいセレクションなどを受ける場合にも、「セレクションに受かった後」の準備をする、ということをしています。だから脳天気(笑)

なぜか、試練ほど、「できないわけない」という気持ちがわくし、こうなる為にやってきたんだから当たり前の事、という気持ちになるのです。人によっては、脳天気に感じるかもしれませんが、私にはマイナス思考になりそうなとき、「あんた、そういう人だっけ?」という問い掛けができる心があります。

父がよく、「らしくないな」っていっていたことを思い出します。何かで落ち込んでいる時、「なんだよ、らしくないな、次、次」というのが、父の口癖だったのです。アファメーション的考えは、父からの遺伝かもしれないですね。

小さい頃、よく、運動会の前、緊張している私に、「転ばないでしっかりゴールにいる自分が見えない?見えなきゃそれを考えてごらん。よーいどん、ほら、どんどん走っていく、躓かず、前をむいて頑張っているよ。ほーらもうゴールだ!転ばないでできた!」と父がイメージトレーニングしてくれたのですよね。

父は精神、ということに凄く興味があったので、こういったことで、娘にアファメーション的精神を植えつけてくれていたのかもしれません。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional