アファメーションそのものだと思う音楽

アファメーションそのものだと思う音楽

アファメーションそのものだと思う音楽

先ほど、アファメーションを私が思うとき、必ず、ドリカムの「うれしい!楽しい!大好き」を流す、ということを話しましたよね。アファメーションそのものの思いのこもった音楽、それが、このドリカムの歌だと思うのです。

この歌の歌詞の中に、「わかっていたの前から こうなることもずっと」「やっぱりそうだ!あなただったんだ!うれしい、たのしい大好き!」というフレーズがあります。これ、まさに、アファメーションでしょう。

やっぱりそうだ!この言葉はこの人が私の大切な人になる、という肯定的な言葉です。さらに、あなただったんだ!思ったとおり、この人が私の相手、だからうれしくて楽しくて、大好きなんだ、というこの歌詞。

楽しくてうれしくてうきうきとした気分。これこそがアファメーションの原点だと思うのです。多分、片思いをしているときには、ネガティブな思いも、がっかりしたマイナス思考もあると思うのです。

でも、この人だ!絶対そうだ!と思う事、それによって、心を強く、マイナス思考、ネガティブパワーを消しているのですね。何かがあっても、強く自分の思い、心を信じること。この歌には、アファメーションのすべてが凝縮されていると思っています。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional